FC2ブログ
お菓子な時間
プロフィール

くるみの森

Author:くるみの森
こもれび山荘常設の
「cafeくるみの森」のブログです。
●こもれび山荘

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り★
今日は、朝から暖かい風が吹き、夜になった今でも10度近くあります。
ここ数日の雪と寒さから考えられない春の風。そして今日は、私の心にも春の風がふきました☆

1ヵ月半前、みんながパパ、ママ、と呼んでいるママがくも膜下出血で倒れ、入院しました。
パパから電話があった日に母と一緒に病院までとんで行きましたが、意識はなくもうダメだろう、といわれていました。その1週間後には集中治療室に入り、もう家族しか面会ができない状態にまでなってしまい絶望的でした。

もう、私達にできることは祈ることだけ。
妹が言っていた「祈りは本当に通じるらしいよ」という言葉を信じてただただ祈るだけでした。

そして今日、病院で見たママは、左半分は動かないものの、パッチリと目を開け、話すこともできるんです!!
聞き取りにくいことはあるけれど、いろんなことをちゃんと覚えていてくれていました。
来週にはリハビリに専念するために、リハビリ専門の病院に移るそうです。

パパは毎日ママのために病院を何度も往復し、家では自分のご飯を作り、掃除をし、ママの着替えを洗濯したり。パパはママよりもずっと年上なのに、「ママを生かしたのは私だから、責任は全部私にあるんだ。夫婦、ていうのは2人で1つ。どっちかが欠けたらもうダメなんだよ。夫婦、ていうのはそういうもんなんだ。」て力強く話してくれました。

そんなふうに、1番にママのことを考え、何をどうするのがいいんだろう、と常に考え毎日病院に通うパパと、看護婦さんに頭を洗ってもらいながら「パパに洗ってもらいたい」て素直な気持ちと感謝の気持ちを伝えるママ、この2人の夫婦愛に感動しました。
どっちかの一方的な思いでもダメだし、その思いが「してあげてる」という独り善がりでもだめだし、その思いが当たり前だと思ってもダメだし。
簡単そうで、いつも近くにいるとなかなかできないことですけどね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ママ・・・あの元気なお母さんことですか?
【2010/04/01 21:46】 URL | うりぼう #- [ 編集]

うりぼうさん☆
安心してください。
たぶん、思っている方と違います。

諏訪に住んでいて、昔霧が峰で山小屋を経営していた方です。
私の両親が山小屋でお世話になった方で、私も仲良くさせてもらってるんです。

ニックネームがパパとママ、なんです。
【2010/04/02 22:51】 URL | くるみの森 #- [ 編集]


わかりました・・でも、大切なお友達の様でご心配ですね。
お大事に。・
【2010/04/04 04:47】 URL | うりぼう #- [ 編集]

うりぼうさん☆
そうですね、私にとっては山のお父さんとお母さん、という感じなのでかなりショックでした。
ありがとうございます☆★☆
【2010/04/07 01:01】 URL | くるみの森 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nikopunmeso.blog59.fc2.com/tb.php/143-d72385ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。